アートネイチャーの新しい増毛プラン・ラピーダとは!

アデランスとアートネイチャーは増毛で有名ですが、2つの違いについてみていきたいと思います。

まずはアデランスです。アデランスではその人に最適な増毛、育毛プランをカウンセリングにより提案してくれます。

抜け毛や薄毛に関する最先端の情報を入手して、お客様に提供できるように研究している企業です。

気になるところだけを部分的に増毛するプランや、髪の成長を促すプラン、自宅でできるホームケアコース、今ある髪を自然にボリュームアップさせるコース、そしてオリジナルのかつらなど、豊富な形で悩みの解決をしてくれます。

 

アートネイチャーは、この秋から新しい増毛プランができました。

ラピーダ(RAPIDA)」というプランです。

ラピーダは、3Dスキャンによって頭の形を読み取って、より正確なデータに基づいて最適なプランを提案してくれます。

 

どのように仕上がるのか、事前にシュミレーションできるので好評です。
今ある髪を活かして、増やすこのプラン、体験だけでも効果がすぐに分かります。
つむじや分け目も本物そのもので、人工の毛とは思えないほど自然なツヤのある髪に見せることができます。

 

カラーバリエーションも豊富なので、不自然になりません。

自分の髪をベースにしているので、すぐに増やすことができますし、アレンジも簡単にできます。

 

このプランは、かなりおすすめですので一度無料体験コースを試されてはいかがでしょうか。

スポーツをする方はアートネイチャーが良い理由

増毛を行っている会社と言えば、アデランスとアートネイチャーが挙げられると思います。

この2つからどちらを選ぶかは結構考えなければなりませんが、基本的にどちらを利用しても増毛効果はしっかりと得られます。

ただ方法が異なっているので、自分に合っていると思った方法を利用した方がいいでしょう。

 

アデランスの特徴

 

アデランスはピンポイントで増毛を行うことを主体としています。

一応全体的に増毛する方法も持っていますが、基本的に行っているのは部分的に増毛をするパターンです。

自分の毛に人工のものを結び付けるような感じで利用するケースが多く、これによって自然な仕上がりを実現しています。

またネットを利用することによって一気に増毛効果を得られるようにもなっています。

そのため広範囲で一気に増やすなんてことも十分可能なのです。

 

アートネイチャーの特徴

 

一方アートネイチャーは取り扱っている商品の数ではアデランス以上で、しかも技術が凄いことになっています。

自然な仕上がりを重点的におきつつ、外れないようにしっかりと工夫されている所がいいですね。

色々なスポーツをする際にはアートネイチャーの方がいいかもしれません。

見た目としてもかなりいい感じに仕上がりますし、無料増毛体験によってある程度の効果はわかるようになっています。

そのため個人的にはアートネイチャーの方がいいと思っています。

関連: おすすめ増毛法と増毛サロン教えて!

基本的にどちらを選んでも納得のいく効果は得られますが、耐久性という部分ではアートネイチャーの方が強く、安定した状態をキープできます。

増毛方法が多様で、無料体験もしやすいアートネイチャーがおすすめ

髪の毛が薄くなってきたときに、考えるのが増毛です。とはいえ、増毛するのにも費用がかかりますし、質の高い増毛をしたいものです。

 

今日は、その点で増毛の分野に関して、日本でも一番といえるほどの実績を残してきたアートネイチャーをお勧めする二つの理由について記したいと思います。

 

理由その1

 

まず、アートネイチャーをお勧めする1つ目の理由は、増毛方法が多種多様であるということです。

自毛を結んで増やすマープ増毛のほかに、自毛がない人にはアートネイチャーレクアという方法があります。

これは人口の膜に増毛していくものです。

このように、人それぞれの薄毛の状況に一番最適な増毛方法を選ぶことができます。

特に、生え際が気になっている人や、自毛がない人にはレクアが流行っているようです。

 

理由その2

 

さらにアートネイチャーをお勧めする二つ目の理由は、体験に力を入れているということです。増毛はやはり自分で体験してみないと実際の良さが分かりません。

そこで、アートネイチャーでは無料体験に力を入れています。

ヘアフォーライフの場合は、1か月間も無料で体験でき、実際の使用感を味わうことができます。

レクアの場合は、その場で実際に人口膜を貼ってもらえます。

 

このように、増毛の種類が多種多様であること、そして、無料で体験して自分でどのようなものなのかを味わってから決めることができるという利点があります。

あくまでお客様目線のサービスで考えると、アートネイチャーに軍配が上がることが分かります。